地図における向きの重要性

地図を見るときは、まず向きを合わせることから始めなければなりません。方角が現実と一致していなければ、正確な道標として機能しないからです。

南極などの地図のように特殊な仕様のものも存在しますが、日本では東西南北を合わせるだけで利用できます。もちろん北が上で南が下であり、東が右で西が左という配置が一般的です。ただし、何らかの事情によって、稀にこのルールが適用されていないケースもあるのです。

したがって、絶対にルールどおりとは考えるのではなく、方角を示すマークをチェックすることから始めることが大事です。例外の存在を知らず、勘違いしたまま見始めてしまうと、目的地までの距離が大幅に増えることになりかねません。

地図を見るときは、まず向きを合わせること…