地図上の対比

地図で重要な項目の一つとして対比が挙げられます。この対比という周囲とのバランスを考えた作業はケースバイケースのことが多く、一概にこれが良いとも言えませんが少なくとも考慮すべき項目として、文字を使った記号であれば形や大きさ、種類からパターンによる相違、濃さの違いなどが挙げられるでしょう。

線を使用した記号では、その太さや数量、種類(実線、破線、一点鎖線など)など組み合わせはいろいろ考えられます。

なかでもパターンは、その組み合わせがいくつも考えられることからすべての記号に関連した要素で、その表面の見た目から並べ方、方向、濃さや太さなど複数の要素が関連しあって作られるため、適正具合を判断するのもなかなか難しいと言えるでしょう。

地図で重要な項目の一つとして対比が挙げら…